セフレ出会いを満喫しよう!

セフレ出会いを満喫できるサイトを紹介しています。

メインイメージ

意外と

2014-02-05

「ねえねえ、何色?今日のブラは何色?色だけでもおしえてよ。
そしたら俺、想像を膨らませるからさ。」「しつこいよ!何色でもいいでしょ?なんでいつもそうやってあたしをエロイ目でみるのよ。
彼女にいいつけるからね。」「あいつは一応彼女だけど・・・抱きたいのはお前なんだって。
いつもあいつとエッチしながらお前のことを考えながらしてるんだ。
いつもそういってるだろ?」何度も彼に口説かれてきましたが、どうも軽そうな彼の態度に私はOKをしてこなかったんです。
するといつの間にか違う女と付き合っていた彼。
でも、彼は未だに私を愛してるといいます。
妄想して、しこって・・・そういう話を仕事中にもしてきました。
「帰り駐車場でまっててくれないか、ちゃんと話がしたい。」いつになく真剣な彼。
しかたなくいくと彼は車になってと・・しばらく走らせ、どんどん山奥へ。
「何?ここ・・」「もう、観念科よ。
俺の愛は本物だぜ?」力強くシートに押し付けらてキスされて、スカートの中に彼の手が。
下着のうえから陰部をこすられ続けました。
「あっ・・」っと声を出したとき、一気に下着を下ろされてそしてペニスが入ってきました。
入れられて瞬間ものすごい衝撃でした。
意外と大きなペニスにおごとにやられてしまいました。

関連記事

カテゴリー: 出会いを探すなら タグ: ,

たいしたことはない

2014-02-03

「女性とか男性とかは関係ないんじゃないかな。
そういうのって気持ちなんかなくても普通にセックスができるんだよ。
だって気持ちいいことでしょ?そういうものなんだっておもってれば、それほど真剣になやまなくてもいいと思うよ。」「でも、彼氏にばれたときに怖くて・・・」「あたしにだけ話したんでしょ?あたしが言わないかぎり大丈夫よ。
相手だって県外なんだからさ。」そうなんですよ。
そうやって男女問わず浮気は平気でできちゃうもんだし、ましてや気持ちなんかなくても体の相性があえば、快楽を共有できるのです。
彼女は初めての浮気で、ちょっと自己嫌悪に陥っているだけなんです。
出会い系でのあいてです。
県外です。
誰にも私がしゃべらなければばれないことなんですから・・・何度も私も、軽い気持ちでセックスはしてきました。
相手が変ればセックスも変るからそれが楽しくて気持ちよくて溺れていくのです。
生でセックスしたがって人もいました。
いちかばちかって感じで生のオチンチンを感じましたが、それはそれは生のほうが、気持ちがいいんです。
オマンコの中で、オチンチンをたくさん感じているときの女性って、きっとどの人も綺麗なんだろうなって思います。
快楽は、セックスは女を綺麗にさせるんですよ。
浮気なんてたいしたことないです。

関連記事

カテゴリー: 出会いを探すなら タグ:

このまま

2014-02-02

最近エッチしてないなあ・・・このままいったら、セックスしないまま生理もおわっちゃって女じゃなくなっちゃうような。
なんだか寝る前にこんなことを考えていたら、それまでオナってねようと思っていましたがそんな気分ではなくなってきてしまいました。
今年で35歳です。
若いころはそれなりに出会いはありましたがもう30歳をすぎるとこれがなかなかむずかしくて。
年上をこのべば40代になってしまい紹介だれた男性は薄毛の人だったり・・・人のことをいえる立場ではありませんが、これはどうしたものかと結局交際する気もなくなります。
年下はどうしてもいやです。
自分が30歳を過ぎているからまず初めに裸を見られるのがいやだし、若いこと比較されるのも悔しい。
そんなことばかりしているから、日々のオナニーも増えていき、指だけでは物足りなくなってしまい恥ずかしいことですが、自分でバイブをかってしまいました。
自分で自分の陰部をぬらしていることがこの年になるととても虚しく思えるんですよね。
もうこの際だれでもいいから大きいおちんちんを入れてほしいと思うことも多々あり。
不安の中で眠れなくなってくることもあります。
セックスをしたい、わがままいっていないで相手をそろそろ真剣に見つけないといけないんです。

関連記事

カテゴリー: 出会いを探すなら タグ:

アラフォー

2014-01-31

アラフォーなんていえば聞こえはいいですが、あんな女ただのおばさんでしかありません。
彼の浮気相手が40歳のおばさんなんて・・・はらわたが煮えくり返りましたよ。
私よりもいい女だったら、彼がなびいてもしかたないって諦めもつきますが、相手がただの生活に疲れたような汚らしいおばさんなんて、どこに魅かれたのかさえ理解できません。
「あの人の体が忘れられないんだ。
ごめん、ほんとうにごめんな。」「あたしよりもいいの?」「・・・怒らない?」「言ってよ!!」「締りがいいっていうか、タイミングよく締め付けてきてくれる感じが、かなり気持ちがいいっていうか。
そういうのってすごく跡を引かれちゃうんだよな。
お前の体が悪いっていうんじゃないんだけどさ。」「私のオマンコがゆるいっていいたいみたいね、もういいよ。」「そうじゃないんだって。」そうじゃないっていった彼ですが、結局そういうことでしょうよ。
彼女のオマンコの締りがいいから私と別れたいっていうこと。
あんなおばさんに彼をとられてしまって、恥ずかしくて誰にもいえないし、かなり落ち込みました。
年増の強みってものなんでしょうか。
オマンコを自由に締め付けたりするテクニックを身につけたい。

関連記事

カテゴリー: セフレを探すなら タグ:

意地悪

2014-01-29

隣の部屋に、主人がねているのに私は主人の弟とエッチをしてしまいました。
彼は仕事で家の近くまできていました。
その日は、主人にいわれてお酒を付き合っていたんです。
でも彼は終電には間に合うように変えるといい、それほどお酒はのんでいませんでした。
かなりペースがはやかった主人は、すっかり酔いつぶれてしまったんです。
二人で寝室へと主人を運びました。
こんなにだらしなくなった主人を見たのは初めてでした。
彼が久しぶりに訪ねてきて、うれしかったんだと思います。
主人は兄弟思いでしたから・・・「駅まで送るね。」「・・ごめん、なんだか疲れちゃった。
こんや泊めてくれるかな。
俺はソファーでねれば十分だから。」「いいよ、でも布団は強いてあげるから。」そういって私は寝室の隣の客間にふとんを敷こうとしました。
その瞬間、後ろから抱きしめられました。
首筋に舌が這ってきました。
彼の息遣いが聞こえました。
荒々しくてとても興奮していました。
スカートをめくられてお尻を両手でもまれて、下着の上からクンニされると、声が自然にでてしまったんです。
「ああ、このオマンコの臭い好きだなあ。」「やめて・・」「でも、今辞めたらここんなに濡れてるオマンコ、いったいどうやってしずめるの?」意地悪でした彼。
指でさんざんじらしながら愛撫をしてから一気に後ろからせめてきました。
そして一瞬でイってしまいました。

関連記事

カテゴリー: セフレを探すなら タグ:

アーカイブ

運営者情報

運営者:岡田 健一
■お問い合わせ
Copyright© 2015 セフレ出会いを満喫しよう! All Rights Reserved.